勤怠管理システムとして利用するタイムレコーダーのメリット

タイムレコーダーは勤怠管理システムとして利用することが可能です。勤怠管理というのは、社員それぞれに規定されている勤務時間に対して、社員が規定通りの勤務を果たしているのかどうかをチェックすることで、業務怠慢による人件費の無駄を露呈させる事が可能なのです。業務怠慢と言っても、許容範囲はあるわけですが、あまりにも業務怠慢としか思えないような無断遅刻や無断欠勤が連続してしまうケースも皆無というわけではないのです。もちろん原因は探求すべきテーマですから、無断遅刻と無断欠勤のすべてを非難してしまうのは早計と言えますし、だからといって無断遅刻と無断欠勤を放置してしまっていると、職場の空気にも影響してしまいます。

やはり職場の空気というのは適度な緊張感も大切です。適度な緊張感というのは、なにも大げさなことではなく、むしろ、きちんと始業時刻と終業時刻を守る、ということなのです。職種によっては、始業時刻が早朝深夜になる場合もありますので、そうしたケースバイケースの勤務時間にも対応して勤怠管理を行う必要があります。タイムカードそのものは、社員の出勤時刻と、退勤時刻とを記録しておくだけの物ですが、毎日の記録を積み重ねていく事で、出勤態度が見えてくるものなのです。また、出勤データを記録しているという行動そのものが、社員に対する無言の緊張感の演出効果として生まれることもあるわけです。基本的にタイムカードは、その記録時刻を改ざんすることが不可能です。

しかし中には、タイムカードを押し忘れてしまういうケースも存在します。タイムカードの押し忘れで注意したいのが、本人の不注意や怠慢ではなく、例えば上司からの緊急呼び出しや、職場における緊急事態などの発生によって、タイムカードの設置場所に行く事が出来なかったというケースです。出勤してきた時刻は、きちんと定刻を守っているのにもかかわらず、緊急事態の発生などで、トラブルが発生してしまった場所へ直行してしまうと、どうしてもタイムカードを押せなかった、というケースが発生してしまうのです。こうしたケースバイケースのトラブルは、長期的に社員を勤怠管理していると、その人の性格に起因する怠慢行為なのか、それとも、何か止むを得ないトラブルが発生してしまったための対応でタイムカードの記録上は遅刻であるかのように見えてしまっているのか、という判別の際に約立ちます。社員それぞれの勤務態度は、長期的なデータ集計で把握できるからです。タイムカードの記録だけではなく、集計データとして活用する事で、本当の勤怠管理と言えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*