タイムレコーダーをどれにするかの選択

会社で必ず必要なものがいくつかありますが、その中のひとつがタイムレコーダーです。単純に出退勤時刻を記録するだけのものから、勤怠管理について自動計算できるようなシステムのものまで、価格含めてホントにいろんなものがあります。提供している会社も山ほどあるので、どれがいいのかホントに決めかねてしまいます。そんな感じなので、比較サイトでいろんな会社のものを確認できるのはどれがいいか決めるに当たって重宝しました。後は比較サイトを見つつ、自社がどこまでの勤怠管理をするのかを詰めていって、多少費用が掛かってもシステム化するということになったので、比較サイトからシステム化している会社数社から資料請求をして、そのうちの数社から話を聞いて決めました。勤怠管理は会社によって様々で、結構独自のルールを持っているケースがあるらしく、勤怠管理システムを提供している会社でもすべて自動計算できないことも結構あるらしく、その部分はカスタマイズするのか一部手集計にするのかといったこともあるということでした。選にもれず、うちの会社も数か月かかっていろいろ検討してみたんですが、一部のルールに対応している会社が1社もなく、結局ちょっと予算オーバーしましたが、カスタマイズしてある会社のものを導入しました。結果本社の運用はずいぶん楽になったようです。

タイムレコーダーを比較したいと思ったら

今、お店をやっていてどんなタイムレコーダーが便利なのか比較をしたいと思っているのならネットを使って調べれば便利な比較できるサイトがあります。私もそれで調べてみたら昔とは違って今は、すごく便利な機能がついているものがあるのだなって思いました。これは便利なので是非新しく購入したいと思っているのなら最新のタイムレコーダーにするといいと思います。まず、私が今まで使っていたのは、出勤と退勤時間を記入する機能と合計が出せるようなものでした。しかし今は違うのです。これだけでないのです。なんとパソコンにつながってデーターを送れるような機能もあるのです。またカードを入れるようなものでなく、指紋だったり、ICカードのようなもので管理できるようなものもあります。そして管理する方も簡単に給与計算ができるように集計することができるので面倒なことがないので便利だと思いました。それも比較するサイトでいろいろなものがあることを知りました。比較をして新しい種類を見つけられるので便利です。自分の会社に必要な機能のタイムレコーダーを探すことができると思いました。比較すると価格もわかるので安いものも見つけられます。サイトを使っていいものを選ぶといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です